◆今日の収支
 燃料:196258(-8907)  鋼材:209217(-2329
 弾薬:214925(-6916) ボーキ:247257(+301
 バケツ:840(-38

◆今日の開発 
 明日から戦艦主砲の開発。

◆今日の出撃
 出撃合計 :64回
 内訳
  北海道北東沖(16冬E3)4回         ・・・ 輸送ルート沖波掘り(すぐやめた)
  オートロ島マーマレード沖(16冬E2)13回  ・・・ 沖波掘り(割とすぐ出た)
  キス島沖(3-2)47回              ・・・ 初月新人研修(&まるゆ育成)
なんとか沼る前に沖波を確保することができ、これにて冬イベ完走となりました。

今回はいろいろと考えさせられるというか、艦隊強化の方向性を考え直す時期に来てるかなーと思いつつあり。
というのも、すでに練度は瑞鳳155をはじめ100オーバーが58人、99が12人。
新入りを除く全駆逐艦がLv.60以上で、軽巡は70、重巡・軽空母は99、正規空母は99以上を達成しており
正直練度による艦隊戦力向上はもはや雀の涙も同然だったのですよ。

ということが今回わかりました。
いくらなんでも第1・第2艦隊ともに平均レベル120前後であそこまで苦戦するとは夢にも。
回避や命中は上がってるはずだったんですがそれでも雀の涙、やはり装備による増強を図る必要があるようで。

とはいえ、装備もすでに最上級装備がほぼ全員に配備されてるような状況で、
これ以上となるとやはり装備改修しかないのです。
今までは比較的コストがかからない駆逐艦の装備を中心に改装していて、
12.7㎝連装砲なら☆10が6~7個あったり、長10㎝砲高射装置☆10もあるんですが、
戦艦の主砲がほぼ手つかずだったんですな。あと重巡の主砲とか。
とりあえずは切り札なんだし、大和型の46㎝三連装砲は☆10にしておく必要がありそうだ。

大和

大和だってこの通り、今回急遽46㎝砲を改修したけど
九一式徹甲弾☆10だって本来はこれ比叡と霧島の持ち物なんだよ。
一式徹甲弾持ってたんだけど、改修済みのやつのほうがいいと思って急遽入れ替えたんや。

比叡はじめ金剛型4人は35.6㎝連装砲☆10を1つずつ持ってるけど、
比叡たちは今回みたいな地獄だと力不足感が否めないし・・・



開発もしばらく戦艦主砲を中心に開発して46㎝砲や41㎝砲の量産体制を敷いて、
ネジも一つでも多く取りに行くためになるべく任務をクリアして・・・
レベリングはその中でできるだけのことをしておけばいいんじゃないかな。

あと、お気に入り艦が中心なせいでE3甲で思わぬ足止めを食らっていたので、
戦艦勢はともかく駆逐艦でガチ勢をもう1人戦線に加える必要が・・・
やはり雪風や島風を90台にまでもっていく必要もあるかもしれぬ。
いや一応70台ではあるんだけども。

運の改修も必要ですね!まるゆ量産しなきゃ(使命感)
特に北上さまは最後尾に下げても独力カットインを打ちやすくさせなきゃ・・・


っつうわけで、次のイベントに向けて注力すべき点が決まったので、
今後はそういう感じで行きます。

しばらく資材ためはお休みかなぁ。最低でも10万は切らないようにして。
秋イベは11月で今回のイベが2月と3か月スパンでしたが、
例年通りなら春イベは4月頃でそこから夏イベを8月中旬と4か月スパンで入れてくると思っています。
そこで2月の残りと3月上旬までは強化体制、3月中旬から備蓄体制という予定で行くことにする。


あそうそう、節分も済んだので執務室をいつものに戻しました。

211

やっぱコレが一番落ち着くね!