舞鎮魂。 -艦これ航海日誌-

舞鎮提督による鎮守府スローライフ記録とと艦これ関連の情報・ネタ。



反撃!第二次SN作戦

【艦これ】15夏イベ「反撃!第二次SN作戦」 感想とか

15夏イベ E7 (10)

個人的には歴代最強難易度だった気がします。
第二次SN作戦(15夏)≧アイアンボトムサウンド(13秋)≧AL/MI作戦(14夏) かなぁ。
南方海域強襲偵察(13夏)はまともに参加出来てないので評価できましぇん。


ほんでは、各作戦に参加した艦娘やそれぞれの海域の感想などを・・・


【E1:発動準備、第二次SN作戦!】 (甲作戦)

15夏イベ E1 (2)
15夏イベ E1 (5)

撃破写真は撮り損ねたけど、ゲージ破壊は神通でした。
ここで参加したのは川内、神通、那珂、叢雲、暁、響、五月雨、涼風。
正直E1だし札つかないだろとたかくくってたので、想定外の事件だったよ・・・
でも結構な割合でここでもいじめられた人がいたらしいけど、僕はこの通りの水雷戦隊で
ほぼストレート勝ちしました。

この時、よもやあんなことになろうとは夢にも思っていなかったのだ・・・


【E2:連合艦隊、ソロモン海へ!】 (甲作戦)

15夏イベ (2)
15夏イベ E2(3)

ゲージ破壊は筑摩でした。ラストダンスでダイソン出てきてザッケンナコラー!状態でしたが。。。
ちょこっと苦戦して、大井っちもここで投入。
最初空母機動部隊で行ったけど敵航空戦力が凄かったので水上にして進んだ。
参加兵力は金剛、霧島、伊勢、日向、蒼龍、飛龍、神通、筑摩、摩耶、大井、暁、響、叢雲、
古鷹、加古、飛鷹、隼鷹。
ここで、霧島を編成したとき「あ、第十一戦隊繋がりで比叡霧島ペアにしておこうかな?と
思った訳なんですが、結局霧島はそのまま入れてしまい、その後E4で泣きを見ることになった。


【E3:激突!第二次南太平洋海戦】 (甲 → 乙作戦)

15夏 E3 (1)
15夏 E3 (4)

僕はここで心が半分以上折れました。結局Xマスを撃破することで装甲が減るE7と同じギミックが
あったっぽいんだけど、そんなのまるで想定してなかったので・・・w
頑張れば勝てたかもしれないけど、「資材とバケツをつぎ込めばなんとかなる」は
正直先が見えなくて嫌だったので乙に変更して攻略。
参加兵力は大和、武蔵、陸奥、扶桑、赤城、加賀、雲龍、天城、祥鳳、龍驤、翔鶴、瑞鶴、葛城、大鳳
綾波、夕張、Bismarck、Prinz Eugen、北上、木曾、時雨、雪風、秋月、吹雪、島風。
E6以降にもここのメンツが参加出来ると聞いてほぼ全力を投入したけどやりすぎたw
瑞穂は攻略中に確保。


【E4:アイアンボトムサウンド】 (乙作戦)

15夏E4 (1)
417

「決戦!鉄底海峡を抜けて」をバックに戦った懐かしの飛行場姫。撃破は榛名。
トラウマ再発モノの、13秋を戦った提督を殺しにかかったこの戦いは、
道中で苦労したものの1年半前とは比べ物にならないほどの戦力となった我が艦隊の前では
昼から開始の飛行場姫など(たとえ強化されてても)ものの数ではなかったわ!(乙にしたけど)
参加兵力は夕立、比叡、榛名、春雨、千歳、千代田、利根。その後掘りで天津風と那智も参加。
上方修正されたWG42が結構いい仕事しました。そこまで苦労はしませんでした。
E3が辛すぎた。海風はその後掘り回してゲット。


【E5:奮戦!西部方面派遣艦隊】 (乙作戦)

15夏 E5 (2)
15夏 E5 (6)

ダイソンほんとひで。撃破はレーベ。
西部方面には故郷に近いイタリア艦とドイツ艦を派遣。
ルート固定は航巡1・駆逐2で行いました。鈴谷・龍鳳をここで投入する事になり、
今後大丈夫かなぁと思いはしたけど、とりあえず利根や瑞鳳もいるし大丈夫じゃろと。
ここは危険地帯が道中1か所の装甲空母鬼だけだったこともあり、苦労はしませんでした。
支援すら出してなかったかもしれん。参加兵力はItalia、Roma、Z1、Z3、鈴谷、龍鳳。
秋津洲?どんな駆逐艦でも秋津洲より弱いってことはないでしょ(無情)


【E6:反攻作戦!FS方面進出】 (乙作戦)


15夏 E6 (1)
15夏 E6 (7)

空母おばさんオッスオッス氏ね。とばかりに襲いかかったE6。撃破は中破ながらも奮戦した鳥海。
E6は丙で風雲を掘った後に乙で戦ったので、比較的敵戦力の解析等が出来て
スムーズに戦えました。攻略してて一番楽しかったのかここかな。
ここから雷巡禁止状態となり、阿武隈改二が八面六臂の大活躍を見せる。
開幕雷撃に夜戦対応。本当に阿武隈が居て助かった。
実は阿武隈はE5、つまり西部派遣艦隊への参加を目していたのだ。
結果的に不要となったことでこちらに回ってこれたけど、阿武隈がいなかったらどうなってたことか・・・
参加兵力は長門、陸奥、大鳳、加賀、翔鶴、瑞鶴、綾波、阿武隈、Bismarck、鳥海、秋月、Prinz Eugen。
他数名の機動部隊参加組。一番掘りで苦労したのがここだった。


【E7:FS作戦】 (丙作戦)


15夏イベ E7 (1)
15夏イベ E7 (7)

かつてないほど精神をやられたE7。撃破はBismarck。
初のギミックつきボス、ランダム羅針盤、1海域に姫と鬼がボス含め4種類も居る、
空母ヲ改ラッシュどころかダブルヲーライザーと本当に苦しめられました。
それこそダブルダイソンと通常艦隊で戦う羽目になったAL/MI作戦E6、
連合艦隊でとはいえトリプルダイソン(1体は真ダイソンこと戦艦水鬼)と戦ったトラック強襲E5を
凌駕する苦戦具合だったと思います。何せ上述の2戦は、羅針盤は完全制御出来てたので・・・。
とにかく本当に大変だった。
参加兵力は瑞鳳、大和、武蔵、長門、陸奥、扶桑、山城、あきつ丸、大鳳、翔鶴、瑞鶴、
阿武隈、神通、Bismarck、Prinz Eugen、高雄、愛宕、摩耶、鳥海、秋月、暁、綾波。
莫大な資材をつぎ込んで、殆ど資材で殴り勝った感じ。ちょいとクールではなかったね。



感想とか。

◆よかった点・面白かった点
 ・お札について
  殆ど全海域にお札が付くといっても過言じゃなかったお札刻みは、
  戦力配分を考えるのが大変だったとはいえ悪くない大変さでした。
  事前調査に出る必要はあったなーと少し反省。特にE1出撃前。
  お札の仕組みそのものもよかったと思います。
  初動作戦、機動部隊、挺身部隊、西方派遣と4つに分かれ、
  うち初動・機動・挺身の3部隊は最終作戦にて一丸となって戦うって感じが。

 ・ギミック装甲
  E3、E7に実装されていた、「一定の手順を踏むことでボスへのダメージが増加する」という仕組み。
  まったく頭に無かったので面喰ったけど、仕組みとしては面白いと思います。
  何かしらの変化(ギミッククリアでボスが中破状態になるとか?)があったほうが
  よかったんじゃないかなーとは思ったりしてますが。ギミックそのもののヒントも
  もう少しあってもよかったかな?X、Yマスってなんや??何かあるのかな?ぐらいにしか
  思わなかったし、大体の人は戦っても何も起きなかったからスルーしちゃってたんじゃないかな・・・
  運営からのヒントが出て以降だもんね、E7のギミック装甲の検証されたの。
  大淀さんの作戦説明にそれとなくにおわせておくとかにしておけばよかったんじゃないかな。

 ・新システム「艦載機熟練度」
  これが大変面白く、そして助かりました。これがなかったらとてもじゃないけど
  航空優勢すら取れないってところが多発してたし。その為の新システムであり、
  それに則った海域設定だったんだろうけど。艦戦の熟練MAXは制空値+25相当と聞いて
  凄くテンションあがった。


◆不満点
 ・ラ ン ダ ム 羅 針 盤

  やめて(切実) 特に最終海域でこれやるのやめて(懇願)
  これのせいでバトル以外でのお祈りポイントが出来ちゃって、
  一層お祈りゲーになってしまったので・・・

 ・3隻のドロップ艦
  今回激烈な難易度だったにもかかわらず、3隻もドロップ艦があったおかげで
  結構多数の提督が丙掘りして難易度変更でゲージリセットしてまた丙にして掘って・・・を
  繰り返していたと思います。僕もE6でやりました。
  でも正直言って、あまりゲームとして健全な状態じゃない気がしてます。
  難易度変更によるゲージリセットは、丙で削って甲で終わらせちゃうみたいなのを
  防ぐためってのが本当の理由だしね。リセットそのものを活用しちゃう、されちゃう仕組みは
  よくないんじゃあないかなぁと思ったり思わなかったり。
  個人的にはドロ艦廃止、全部報酬にするなり、ドロありでも初回ボスS勝利時ないし
  ボスS勝利10回とか、そういうのがいいんじゃないかと。
  あと、仮に今まで通りドロップ艦を継続するとしても、今回の瑞穂や前回のRomaのような
  艦隊戦力に直接響く艦のドロップはやめた方がいいとおもう。駆逐艦ならいくらでもかわりが効くけど、
  瑞穂はともかくRomaはアカン。まぁ今回Romaレベルの戦力になるドロップ艦はいなかったけども。


難易度については個人的には苛烈だったと思ってますが、これについては心折れることなく
E7甲まで貫き通した提督も多数居るそうなので、それ以上の言及は避けます。


なんだかんだで難易度落としつつも勝ちぬくことは出来たので、もうそれ以上は求めないことにする。。。
今日から新規艦の育成と、次のイベントに向けてさらなる艦隊戦力の強化に努めることにする!

【艦これ】反撃!第二次SN作戦 E7「FS作戦」 丙作戦攻略まとめ

15夏イベ E7 (4)

やっと・・・終わりました・・・(疲弊)
16日の朝から、17日の2時前まで頑張ってようやくケリを付けたよ・・・
キラ付けとか面倒でしてないで、ギミッククリアはしてるものの殆どごり押しだったけど・・・
今回のE7を甲作戦で、しかも解放から1日も経たずにクリアした提督ホント凄いわ・・・

丙でも別にくやしくない。つかこんなの甲どころか乙でも二度とやりたくないw
鉄底海峡に匹敵するレベル。というか、ランダム羅針盤ほんとやめろw
続きを読む

【艦これ】15夏イベE7ボス「防空棲姫」の弱体化手段とその効果 体験談

ようやくE7攻略にうつれたので、早速出てる情報に従ってE7ボスのギミック対応してみました。

水上打撃部隊に第1に軽空母1とあきつ丸を入れ、第2に雷巡を入れないことで
ほぼXマスとYマスを連戦できます(たまに逸れてCマスに行く)。


んで、僕はXマス(港湾棲姫)でS勝利6回Yマス(離島棲鬼)でS勝利4回取った後にボスへ行きました。

結果はこうです。乙作戦にて進行。
まず戦闘時の見た目の戦闘力。

防空棲姫

装甲303。普通に考えたらとてもブチ抜ける数字ではない。

んが!

325

綾波ちゃんのカットインが防空棲姫を捕え、ほぼワンパンの212ダメージ

また別の戦闘では

248

長門が昼戦中に、中破してるのにも関わらず50ダメージを与えることに成功。
この戦闘でも綾波ちゃんのカットインが防空棲姫に刺さり、196ダメージを与えてます。
X・YマスでS勝利する事でダメージが増加するのは間違いないようです

ただ、これだけの火力を出すにはEGJMZという
空母ヲ改と2連戦する(しかも2戦目は2隻居る)かなり強烈な道中をくぐりぬける必要があります。
4戦目ボスじゃないと、弾薬足りなくて火力下がってとてもじゃないけどダイソンに吸われまくって
殆ど防空棲姫に攻撃が届かないか、届いてもカスダメっぽい・・・。

EGIKMZを試してみたけど、通過率は上述のルートよりもいいかもしれないけど
燃料使っちゃって被弾率も上がってるし、厳しいかと・・・


これからE7突入の提督の参考になれば。

【艦これ】反撃!第二次SN作戦 E6「反攻作戦!FS方面進出」 乙作戦攻略まとめ

15夏 E6 (12)

風雲捜索のため1日あいたけど、なんとかE6乙が終わりました。

空母機動艦隊でかつ、低速高速混合or第2艦隊に秋月か吹雪でC固定だそうです。
それ以外はAだそうで、水上打撃ではAに向かうことに。

水上打撃部隊はDで夜戦、KとMに丙作戦ですらヲ改がいるのでお勧めできません。。。
秋月・吹雪が実戦級じゃないとしても、低速高速混合はたやすいと思うのでC固定が良いかと。

CEGHLZルートの場合・・・
C : 軽空母主体の機動部隊。たまに事故るがあくまでたまに。
E : 潜水艦マス。ここもたまに事故るがここで事故ったらしゃーないぐらいで。
G : 任意選択マス。Hを選ぼう。
H : 航空戦マス。新型艦載機のヲ級がいるけどそこまで事故率は高くない。輪形陣で攻めるべし。
L : 乙以上でヲ改も現れる危険マス。相手が輪形陣なのが救い。事故率高め。
Z : ボス。攻撃で危険なのは空母棲姫と戦艦棲姫(丙ならフラタ)。殴り合うしかない。

てな感じでした。続きを読む

【艦これ】反撃!第二次SN作戦 E5「奮戦!西部方面派遣艦隊」 乙作戦攻略まとめ

15夏 E5 (1)

開始前は秋津洲を投入する予定だったんですが、
「航巡1+駆逐2」でも初動でBに行けるということが判明したので、

そりゃ秋津洲よりも誰であろうと駆逐艦のほうが役に立つやろ・・・

ということで、航巡1+駆逐2での攻略にしました。
結構余裕だった。甲作戦でもよかったかもしれないが、甲にする必要もなかったので乙で。
続きを読む
ギャラリー
  • 【艦これ】公式4コマ126話!15話ぶりに瑞鳳ちゃんが6コマも出てりゅううううううううううう
  • 【艦これ】公式4コマ126話!15話ぶりに瑞鳳ちゃんが6コマも出てりゅううううううううううう
  • 【艦これ】公式4コマ126話!15話ぶりに瑞鳳ちゃんが6コマも出てりゅううううううううううう
  • 【艦これ】ひかりん式E7丙Dマス周回方法
  • 【艦これ】ひかりん式E7丙Dマス周回方法
  • 【艦これ】ひかりん式E7丙Dマス周回方法
  • 【艦これ】ひかりん式E7丙Dマス周回方法
  • 【艦これ】E4~7終わり!春風・親潮掘りも終わって今回完走!
  • 【艦これ】E4~7終わり!春風・親潮掘りも終わって今回完走!
スポンサードリンク
にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村
記事検索
PR
千年戦争アイギス オンラインゲーム
アイギスもやってます。
結構面白いよ!
Amazonランキング
Powered by amaprop.net
Amazonライブリンク